佐村河内氏ゴーストライター騒動が映画化 - aruyowalkerのワールドニュース情報

サイト引越ししました、よろしくお願いします。



在宅/内職/バイト/副業/お小遣い/記事作成代行

佐村河内氏ゴーストライター騒動が映画化

佐村河内守とは

佐村河内 守(さむらごうち まもる、1963年9月21日[5] - )は、広島県出身の日本の人物。
中途失聴とされる聴覚障害がありながら『鬼武者』のゲーム音楽や「交響曲第1番《HIROSHIMA》」などを作曲したとして脚光を浴びたが、2014年2月5日、自作としていた曲がゴーストライターの代作によるものと発覚[6](「ゴーストライター問題」の項を参照)。聴覚障害の程度についても疑義を持たれており、ゴーストライターを務めた作曲家の新垣隆は、「佐村河内は18年間全ろうであると嘘をつき続けていた」と『週刊文春』に掲載された独占手記で主張した。横浜市による再検査では中度の感音性難聴と診断され、障害者手帳の交付の対象となるレベルではなかった

引用 wikipedia

佐村河内氏ゴーストライター騒動が映画化 来年公開 - 日刊スポーツ

livedoor

佐村河内氏ゴーストライター騒動映画化 来年公開
日刊スポーツ
佐村河内守氏をめぐる騒動 聴覚障害があるとする佐村河内氏の楽曲を、作曲家新垣隆氏が作曲していたと昨年2月6日発売の「週刊文春」が報道。同日、新垣氏が会見して18年間にわたりゴーストライターだったと釈明。「耳が聞こえてないと感じたことは1度もない」と証言した。
佐村河内氏のゴーストライター騒動映画に 森達也監督が製作livedoor

all 5 news articles ≫


BPO、佐村河内氏を紹介した番組に対して見解示す 「裏付け取材は不十分だが、放送倫理違反とまでは言えない」 - ねとらぼ

ねとらぼ

BPO、佐村河内氏を紹介した番組に対して見解示す 「裏付け取材は不十分だが、放送倫理違反とまでは言えない」
ねとらぼ
委員会によると、「佐村河内氏の作曲活動と聴覚障害に関する各局の裏付け取材は不十分なところもあったが、放送時点において、その放送内容が真実であると信じるに足る相応の理由や根拠が存在していた」として、各対象番組に放送倫理違反があるとまでは言えないと判断 ...
BPO、佐村河内氏ドキュメンタリー番組に見解 「放送倫理違反があるとまでは言えない」RBB Today

all 55 news articles ≫


"Weekly sentence spring" of the release reports that composer Takashi Aragaki composed a musical piece of Samura Kochi to have a disturbance hearing loss around 佐村河内守氏 on February 6, last year. On the same day, Aragaki interviews and vindicates it for 18 years when it was a ghostwriter. I testified, "there is never that I felt that I did not hear an ear".





この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー






MSコンタクト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。